読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親に育てられた破天荒娘LAでエッグドナーになる!

現在、LA在住の私がエッグドナー、アメリカの事、毒親のことについて書きます。

自己注射 夜

前回のブログで書いた通り、まさかの

注射のビデオが撮れていなかった問題

 

まぁ、朝の注射と違って夜の注射はカートリッジにセットして

刺すだけだから大丈夫だろうと思っていたのですが

 

それがいろいろ大変だった

 

 

まず、冷蔵庫で保存のお薬をペンタイプの注射器にセットして

メモリを合わせ針を取り付けます。

針は一回ずつ取り付けるタイプで、カッチとやってケース部分を取ってもまだプラスチックの覆いが、、

 

え、なにこれってなった

 

血糖値のみたいにブスってやったら針が出てくるタイプなのかな〜

それともこのプラスチックももう一回外さなきゃいけないのかな

 

とここでユーチューブさまに助けてもらいました

 

自己注射で検索すると

糖尿病の患者さんのための解説動画が出てきて同じペンタイプの注射器を使ってたから参考にしました。

 

プラスチックの覆いはとるそうです。

 

冷静に考えてみれば当たり前なんだが笑

 

 

 

ここからは朝と同じでお腹にプスットします。

本当にこの注射痛くないので大丈夫です。

刺した時も何も感じない。で、先っぽが入っちゃえばあとはスーと吸い込まれるように根元まで刺さります。

 

ドナーをやる上で一番の懸念だった注射ですが全く痛くないこれはみなさんに伝えたい笑

しかし、次の問題

 

注射器硬くてお薬が注入できない

 

針の刺さったお腹をずっと見てるのはあまり気持ちいいものではなく

焦ってくる

とりあえず、怖くなったので一回抜くことに

 

ユーチューブさまの動画をよく見てみると握り方違った笑

 

私は普通の注射器のように逆手にして人差し指と薬指で注射器を挟み親指でトップを押そうとしてたのですが、ペン型には人差し指と薬指引っ掛けるとこないやん

 

本体はプラスチックだし滑るしで注入できるわけもなく

 

このタイプの注射は4本の指でしっかり握り親指で押します。

 

普通の人はわかってると思う笑

針を付け替えてもう一度刺して、無事お薬注入。

自己注射1日目でした。

 

注射中は卵巣が大きくなってきて激しい運動をすることで卵管がねじれてしまう危険があるらしく気をつけなければいけないらしいいのですが

 

まだ1日目だしということで日課のランニングは決行

 

私にとってランニングできない生活はかなりのストレスだからな

いつからやめればいいのかな、、

 

 

体調は昨日からの謎の出血は相変わらずで、お腹の張りとかはまだ感じませんね〜