読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親に育てられた破天荒娘LAでエッグドナーになる!

現在、LA在住の私がエッグドナー、アメリカの事、毒親のことについて書きます。

子供を作るって

子供と親の関係

 

私は私の母がそうしてきたように

子供と親の間には絶対の上下関係があるもんだと思っていました。

 

親が産んでくれたおかげで今の人生があって育ててもらったからね

 

でも、子供を欲しいて思うのて親の一方的な気持ちですよね?

生まれてくるまえに私の人格がこの世に誕生させてくださいて

頼んでたならそりゃもういくら頭下げても足りないくらいだけど

全く、頼んだわけでもなければなんの自分の意思とは関係なしに

この、なかなか行きづらい世の中に放り出されたわけで

まぁ、今の人生には満足してるし楽しんでるんだけどこれが

親のおかげですとか言われてもな

 

意思を持って子作りをしたのは親の方で私はその結果生きているだけでさ

 

親たちの子供の欲しい、親になりたいて願望を私は生まれてきた時点で叶えてあげてるのに

 

世間は親孝行しろとか親には感謝してもし足りないて言う風潮ですよね

 

思春期に日本の思春期の親子ゲンカを代表するかのようなあの

 

産んでくれって頼んだ覚えはない

 

セリフ言ったことがあったけど、母親ガン泣きしてたな、、

そんな彼女をこの気持ちとともに冷静に眺めてた記憶がある

なんなら自分の遺伝子だったら私じゃなくても良かったわけだし

まぁ、そんなのはタイミングの問題だから考え出したらきりがないんだけど

 

それこそ、こういう卵子提供を受ける人は自分の遺伝子じゃなくても

夫の遺伝子が受け継がれてればとか、自分のお腹で育てる経験がしたいとかって

ことですよね

 

 

クローンと子供の違い

私の親は

親は子供にとって絶対的な存在だから(産んでやったんだから)

と振舞ってきて親というか母親の納得できないことは何もすることができなかったんですよね。つまり、この理論がまかり通るなら親は自分の意思で子供を産んで自分の思い通りにできるわけじゃないですが。

親が産んで育ててやったんだから、親の言うとおりにしろって言われてきた

子て親のクローンみたいなもんじゃないんですか?

(私毒親のタイプは虐待とかネグレクトとかじゃなくて精神的にすごく縛ってくるタイプでした)

 

私は未だにわからないんですよね、クローンと子供の何が違うのか

生殖治療がこんなに多様化してきて広く認められてるのに何でクローンを

作っちゃいけないのか。

 

親が親になる、子供を育てる経験がしたかった、

好きな人と自分をつなく物が欲しかった

 

子供を作るて現代社会においてそういう理由ですよね

世界に70億人もいる人間の子孫を残すためになんて誰が考えているんですかね

 

そういう理由で子供を作ることが認められてるのに

自分と100%同じ成分でできたかけがえのないパートナーが欲しい

て気持ちの元クローンが作られるの認められてもいいと思う

 

今の技術では人間を子宮以外で育てることができないのでクローンを

作るとしたら受精卵を作ってその核を取り除いてクローンの元になる人の核を入れるらしいです。

 

 

だから、映画とかで見るような大量生産をするわけじゃないんですよ

自分と遺伝子が100%同じなことが問題なんですかね?

それとも、クローンの人権をどうするか?

 

自分と100%同じ遺伝子の何が問題なのかは私にはちょっとわからないけどなぁ

白血病とかになったも安心じゃんね、卵子ドナー精子ドナーなんて半分をいかに有利なものを選ぼうとしてるんではないの?それなら100%自分で責任を持つクローンの方が人道的というか理にかなってる気がする

人権についてはさっき言ったように毒親たちは子供を自分の所有物としてみなしてるんだから、同じことじゃんて思うな

それとも、一人から人を作るていうのが本来の動物の倫理を超えているっていうのでしょうか?

 

卵子ドナー

こんなに子供を作ることについて批判的なことを書いておきながら

なんで卵子ドナーをやってるのかって?

全ての親がそういう風に子供について思ってるわけではないてのは

わかってるんですよ

だから、自分の親を毒親て呼んでいるわけだし

割と最近までは私も自分はこういう風に育てられたけど私は自分の子供を

そういいう風には育てないから子供が欲しいて思ってました。

でももう無理だなていうかそれはなかなか難しいことだとわかったのでやめることにしました。

 

私の卵子で生まれてくるのは生物学的のは私の子供になるわけじゃないですか

でも、私の気持ち的には生き別れの兄弟ていうかなんなら、私のクローン

この言い方誤解を招きそうですが、なんだろうもう一人の私て感じなんですよね

 

違う親の元、違う人生を生きてね的な

何か辛いことがあった時彼女(彼かもしれない)もどかかで頑張って生きていると

思うと何か頑張れる気がしません?

(この考え方子供を持ってる人がいうのに似てる笑)

自分が子供を持てなくても自分の仲間(自分の遺伝子を持った人)は作りたいと思うもんなんですよ。よっぽど人間らしい理由!

レシピエントさんや他のカップルを否定してるわけではありませんよ。

むしろ私はあっち側の人だと思って羨ましく思っています。

 

こういう風な考え方てサイコパスぽいとかかわいそうとかいかれてるて思われるかもしれないけど(あっち側の人に)これが私なんですよね

この考え方をするのも親の育て方のせいなのかもしれないけど

私は私でこんな私を結構前に受け入れたからな

 

だからと言って親のことも受け入れたのかと言われるとそれは違う笑

ここが難しいとこ笑

 

 

こんな感じでたまにはこういう記事を書いてこうかな〜